“知識”から“体験”へ 「ブックセレクター」ってどんな仕事

公開日:

 電子媒体の増加や読書離れなどが相まって、書店が年々減っている。日本出版販売によると、2000年に2万1654店だった店舗数は、1万2526店と4割減。

 そんな中、本にまつわる新たな職業が注目されている。「ブックセレクター」だ。ブックプロデューサー、ブックコーディネーターなどとも呼ばれるこの仕事、どんなことをするのか。いろいろな場所で選書を手がける団体「book pick orchestra」代表の川上洋平氏に聞いた。

「お店やシェアオフィスなどのご要望に応じて置く本を選ぶことが、文字通りの仕事です。そのほかに、本と人とが出会う体験の場を企画することもあります」

 なるほど、従来の書店はカテゴリー別に本を並べるだけだったが、最近は、テーマを持たせた選書をしたり、置き方を工夫したりする書店が少なくない。そんな書店ではイベントが積極的に行われている。つまり、人と本との出会いをどうやってつくるか。それをサポートする仕事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る