孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日: 更新日:

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る