孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日:

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る