孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日: 更新日:

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

■孫氏の本当の目的は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!