孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日: 更新日:

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る