孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日:

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る