岐阜県八百津町が設置へ センサーライトで自殺は防げるか

公開日:

 座間市の9遺体事件で「自殺」が注目される中、自殺防止を目指す自治体が現れた。岐阜県八百津町だ。同町には長さ462メートル、高さ100メートルの新旅足橋がある。

 一部報道によると、完成した2010年の前年からこの橋での自殺者が増え、今年はすでに3人。これまで18人にのぼる。そのため町は国の補助金を投じて橋に防犯カメラとセンサーライト、防犯灯などを設置する方針という。金子政則町長も「まず自殺を思いとどまってくれるよう願っている」と前向きな姿勢を示しているそうだ。

 ただし町役場は「まだ予算も決定していませんし、デリケートな問題なのでコメントを控えさせてください」(健康福祉課)とあくまでも慎重だ。話題になり、自殺者が増えることを心配しているらしい。

■ライトで“誰かが止めに来てくれる”と期待

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る