子どもの犯罪被害増えたツイッター 取り組み強化の効果は

公開日: 更新日:

 今年1~6月にツイッターなどの交流サイトを通じ、児童買春などの犯罪被害に遭った18歳未満の子どもは919人(前年同期比30人増)で、約8割が女子中高生だったことが先週、警察庁のまとめで分かった。

 統計を始めた2008年から半期ごとの被害者数では過去最悪で、利用したサイト別ではツイッターが327人で最多。前年下半期から61人増えている。

 警察庁はツイッターが多い理由について、匿名でアカウントが取得できる点や、援助交際などに関する検索のしやすさにあるとみている。

「援助交際の温床」なんて汚名を着せられているツイッター社は、援助交際を助長するなどしたアカウントの永久凍結や、監視体制の増強など取り組みを強化していると説明。今年上半期に、児童の性的搾取に関して世界全体で凍結したアカウントのうち、日本のものとみられるのは38%だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る