田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

私たち将棋棋士が存在するのも徳川家康のおかげ

公開日:

 将棋の起源は古代インドの「チャトランガ」というすごろくのようなゲームだった。

 それがヨーロッパに渡って「チェス」が生まれた。日本には中国や東南アジアを経て8世紀ごろに伝わり、日本の「将棋」が生まれたといわれている。

 草創期には大々将棋(縦横17升・駒数192枚)、中将棋(縦横12升・駒数92枚)など、何種類かの将棋があった。

 現代の将棋(縦横9升・駒数40枚)が定着したのは15世紀ごろで、相手の駒を取って「持ち駒」として再使用するルールが初めて導入された。これは世界の類似のゲームや日本の草創期の将棋にはない画期的なことだ。

 将棋は当初、貴族や僧侶が愛好。やがて戦国時代に移ると、盤上で戦略を考えたり、戦意を高めるなどの観点から武将が将棋を奨励し、将兵たちが指すようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る