田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

私たち将棋棋士が存在するのも徳川家康のおかげ

公開日: 更新日:

 将棋の起源は古代インドの「チャトランガ」というすごろくのようなゲームだった。

 それがヨーロッパに渡って「チェス」が生まれた。日本には中国や東南アジアを経て8世紀ごろに伝わり、日本の「将棋」が生まれたといわれている。

 草創期には大々将棋(縦横17升・駒数192枚)、中将棋(縦横12升・駒数92枚)など、何種類かの将棋があった。

 現代の将棋(縦横9升・駒数40枚)が定着したのは15世紀ごろで、相手の駒を取って「持ち駒」として再使用するルールが初めて導入された。これは世界の類似のゲームや日本の草創期の将棋にはない画期的なことだ。

 将棋は当初、貴族や僧侶が愛好。やがて戦国時代に移ると、盤上で戦略を考えたり、戦意を高めるなどの観点から武将が将棋を奨励し、将兵たちが指すようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る