• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

忘年会で酔ったら電車は要注意 飲み会後のトラブル回避策

 5人に1人以上というから、他人事ではない。ジャパン少額短期保険が実施した「通勤トラブルに関する意識調査」によると、飲み会の帰宅途中にトラブルに巻き込まれた経験があるという人は22.5%もいる。

 ちょうど忘年会シーズン真っ盛り。調査では、「電車を乗り過ごした」「路上などで寝てしまった」という回答が多かったというが、まだ、ほほ笑ましい。

 中には、「見知らぬ人に絡まれ、顔面を殴られた」「バッグや財布を盗まれた」「泥酔して身ぐるみをはがされた」なんて回答も。

 それだって自分が被害者だから、まだマシだ。自虐ネタにもできるし、少しは周囲に同情もしてもらえる。が、酔っぱらって痴漢に間違われたなんてことになったら、目も当てられない。

 同調査では、どんな時に電車の中にいる男性に対して「この人、痴漢かも」と疑うのかについても聞いていて、トップは「空きスペースがあるのにわざと近寄ってくる」(62.2%)。以下「手のひらが触れる」(47.0%)、「手が下の方にある」(33.0%)、「体が当たる」(31.8%)と続く。要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る