忘年会で酔ったら電車は要注意 飲み会後のトラブル回避策

公開日:

 5人に1人以上というから、他人事ではない。ジャパン少額短期保険が実施した「通勤トラブルに関する意識調査」によると、飲み会の帰宅途中にトラブルに巻き込まれた経験があるという人は22.5%もいる。

 ちょうど忘年会シーズン真っ盛り。調査では、「電車を乗り過ごした」「路上などで寝てしまった」という回答が多かったというが、まだ、ほほ笑ましい。

 中には、「見知らぬ人に絡まれ、顔面を殴られた」「バッグや財布を盗まれた」「泥酔して身ぐるみをはがされた」なんて回答も。

 それだって自分が被害者だから、まだマシだ。自虐ネタにもできるし、少しは周囲に同情もしてもらえる。が、酔っぱらって痴漢に間違われたなんてことになったら、目も当てられない。

 同調査では、どんな時に電車の中にいる男性に対して「この人、痴漢かも」と疑うのかについても聞いていて、トップは「空きスペースがあるのにわざと近寄ってくる」(62.2%)。以下「手のひらが触れる」(47.0%)、「手が下の方にある」(33.0%)、「体が当たる」(31.8%)と続く。要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る