山下達郎の定番は過去の曲? Xmasソング人気に変化の兆し

公開日:

 気のせいか、今年のクリスマスは街中が浮かれ気分というほどでもなかったような……。というか、クリスマスのド定番ソング、山下達郎の「クリスマス・イブ」も、街角で耳にしなかったような気がする。

 USENによると、今月8~14日のJ―POP週間ヒットランキングで同曲は50位だった。

「昨年の同時期は49位なので、それほど大きな変化はありませんね」(広報担当者)

 やっぱり気のせいかと思ったが、こんなランキングもある。

 JOYSOUNDのクリスマスに歌いたい曲ランキングで、同曲は30代以上では堂々のトップなのだが、20代以下になると5位以内に入っていない。ちなみに20代以下の1位は、back numberの「クリスマスソング」。知らないというあなたは、もう立派なオジサンか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る