カップうどんの戻し時間なぜ5分? 東洋水産と日清に聞く

公開日:

 もうすぐ大晦日。年越しそばはカップ麺、さらにうどんも可というのが近ごろのご時世だ。そこで、素朴な疑問が。ラーメンやそばは、麺の戻し時間が3分のものが多いのに、なぜうどんは5分と長いのか?

「赤いきつね」の東洋水産の広報担当者が言う。

「麺の戻し時間の決め手は“太さ”と“乾燥方法”です」

 まずは「太さ」。成分の配合割合にもよるが、基本的に太い方が戻し時間がかかる。逆に細いほど短くなり、同社の場合、「細麺が特徴のとんこつラーメンには1分の商品がある」という。

 次に「乾燥方法」。インスタント麺には大きく分けて「フライ麺」と「ノンフライ麺」の2種類がある。一般的には、油で揚げて早く乾燥させたフライ麺の方が戻し時間が短く、熱風でじっくり乾燥させたノンフライ麺の方が長くなる。同社のノンフライ麺の代表銘柄「マルちゃん正麺」は、ラーメン(カップ)でも5分。「赤いきつね」はフライ麺だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る