曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お酒がススムごはんや1975(大阪・南森町)凝った料理ばかりの“マル得”居酒屋

公開日:  更新日:

 大阪天満宮から大川へ向けての道に、深夜1時までに入れば食事ができる店「お酒がススムごはんや1975」がある。店長・内田正志さんが生まれた年を記したユニークな居酒屋だ。内田さんは「こだわりの素材や調理法を駆使しながらひとひねりした料理を作りたい」と話す。たとえば、ポテサラ。甘味のあるジャガ芋・インカのめざめを用い、塩うにを加え、酒に合うアテにしている。

「ポテサラは誰もが頼む居酒屋の定番メニュー。それをうち流に調理して日本酒と合うように設計しているんです」。この塩うにとインカのめざめのポテトサラダ(450円)は、単なるポテサラに終わらず、変化球的メニューになっているのだ。

 あわびの肝しゃり、漬けマグロトロ、生うに、イクラ(2個で1500円)もかなりユニーク。寿司飯にあわびの肝を混ぜ込んで握り、漬けマグロとうに、イクラをのせて供す。一口で食べて口内でいろんなうまさが合わされるようにぜいたくさを一品で表しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る