曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お酒がススムごはんや1975(大阪・南森町)凝った料理ばかりの“マル得”居酒屋

公開日:  更新日:

 大阪天満宮から大川へ向けての道に、深夜1時までに入れば食事ができる店「お酒がススムごはんや1975」がある。店長・内田正志さんが生まれた年を記したユニークな居酒屋だ。内田さんは「こだわりの素材や調理法を駆使しながらひとひねりした料理を作りたい」と話す。たとえば、ポテサラ。甘味のあるジャガ芋・インカのめざめを用い、塩うにを加え、酒に合うアテにしている。

「ポテサラは誰もが頼む居酒屋の定番メニュー。それをうち流に調理して日本酒と合うように設計しているんです」。この塩うにとインカのめざめのポテトサラダ(450円)は、単なるポテサラに終わらず、変化球的メニューになっているのだ。

 あわびの肝しゃり、漬けマグロトロ、生うに、イクラ(2個で1500円)もかなりユニーク。寿司飯にあわびの肝を混ぜ込んで握り、漬けマグロとうに、イクラをのせて供す。一口で食べて口内でいろんなうまさが合わされるようにぜいたくさを一品で表しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る