• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お酒がススムごはんや1975(大阪・南森町)凝った料理ばかりの“マル得”居酒屋

 大阪天満宮から大川へ向けての道に、深夜1時までに入れば食事ができる店「お酒がススムごはんや1975」がある。店長・内田正志さんが生まれた年を記したユニークな居酒屋だ。内田さんは「こだわりの素材や調理法を駆使しながらひとひねりした料理を作りたい」と話す。たとえば、ポテサラ。甘味のあるジャガ芋・インカのめざめを用い、塩うにを加え、酒に合うアテにしている。

「ポテサラは誰もが頼む居酒屋の定番メニュー。それをうち流に調理して日本酒と合うように設計しているんです」。この塩うにとインカのめざめのポテトサラダ(450円)は、単なるポテサラに終わらず、変化球的メニューになっているのだ。

 あわびの肝しゃり、漬けマグロトロ、生うに、イクラ(2個で1500円)もかなりユニーク。寿司飯にあわびの肝を混ぜ込んで握り、漬けマグロとうに、イクラをのせて供す。一口で食べて口内でいろんなうまさが合わされるようにぜいたくさを一品で表しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る