紙離れの時代になぜ? CCCが仕掛ける「出版社M&A」の狙い

公開日:  更新日:

 長澤まさみの主演映画「嘘を愛する女」が公開されて1週間。原作の小説は、累計14万部のベストセラーになっている。

「原作は『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM』から生まれた作品。このプログラムは、プロ・アマ問わず企画を募集して、映像をつくるクリエーターを発掘し、制作からレンタル・販売・配信まで総合的に支援するものです」

 こう言うのは、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのカルチュア・エンタテインメント(C・E)の広報担当者。

 小説版を発行した徳間書店は昨年3月にC・Eが買収。主婦の友社と美術出版社もC・Eの傘下で、2014年には「フィガロジャポン」「Pen」などの出版事業も、版元の阪急コミュニケーションズから譲り受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る