紙離れの時代になぜ? CCCが仕掛ける「出版社M&A」の狙い

公開日: 更新日:

 長澤まさみの主演映画「嘘を愛する女」が公開されて1週間。原作の小説は、累計14万部のベストセラーになっている。

「原作は『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM』から生まれた作品。このプログラムは、プロ・アマ問わず企画を募集して、映像をつくるクリエーターを発掘し、制作からレンタル・販売・配信まで総合的に支援するものです」

 こう言うのは、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのカルチュア・エンタテインメント(C・E)の広報担当者。

 小説版を発行した徳間書店は昨年3月にC・Eが買収。主婦の友社と美術出版社もC・Eの傘下で、2014年には「フィガロジャポン」「Pen」などの出版事業も、版元の阪急コミュニケーションズから譲り受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る