一式8万円のアルマーニ制服騒動…他校の標準服はいくら?

公開日:

「とても銀座らしいが、公立小ということを考えれば、やはり少しお高いのではないか」

 一式8万円超。東京・銀座の中央区立泰明小が今春から採用する“アルマーニ標準服”騒動について、小池百合子都知事はそう話していた。が、ある泰明小OBは「2年に1回買い替えるとして年換算で4万円。そんなに高くないと思います」と、こう反論する。

「泰明小では社会科見学が帝国ホテルだったり、歌舞伎座や東京宝塚劇場にも鑑賞に行ったりします。銀座という特殊な地域性があって、親とすれば、そういう場でわが子にきちんとした身なりをさせたいと思う。もし私服だったら、間違いなく親同士の見えの張り合いになるでしょうし、毎日の“お着替え”が大変な女の子は年8万円以上かかるはずです。長い目で見れば、標準服の方が安上がりで、親同士のあつれきも少ない」


 とはいえ、従来の標準服は男子が約1万7000円、女子が約1万9000円なのに、いきなり8万円超と言われたら、そりゃ「親の経済的負担が大きい」なんて苦情も出るだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る