ピーク時から半減…全国でガソリンスタンド不足の裏事情

公開日:

 どこにでもあると思っていると“ガス欠”する――。

 全国のガソリンスタンド(GS)の数が激減している。1994年度末に全国で6万カ所あったが、2016年度末は約3万カ所と約半減。人口が集まっているエリアから最寄りのGSまでの距離が15キロ以上ある「SS過疎地」は、全1718市町村のうち302市町村もある。15キロ以上走っても見つからないとは安心して運転できない。

 経済産業省は22日、人口の減少やガソリン需要減、電気自動車(EV)の普及などの環境変化を踏まえ、将来の給油所の在り方を検討する有識者会議の初会合を開いた。EV充電や燃料電池車向けの水素供給を1カ所で行ったり、敷地内にコンビニエンスストアや物流拠点を設置したりできるよう規制を緩和する方向だ。5月に報告をまとめる。

■事業展開のハードルも……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る