大王製紙前会長 巨額借り入れ事件<1>刑務所でデトックス

公開日: 更新日:

 106億8000万円余り――。ちょっと庶民には想像すらつかないカネをマカオのカジノで溶かしてしまった井川意高さん(53)は、2012年に懲役4年の実刑判決を受け、16年に仮釈放された。シャバに戻った井川さんの再出発を追った。

 もし、あと数億円勝っていれば、事件にはならなかったかもしれない――。

「私が奥になる格好で申し訳ありません」

 井川さんに会ったのは東京・恵比寿にある個人事務所だった。応接室で待つ私たちに恐縮する井川さんは、ビシッとスーツ姿でキメていた大王製紙時代とは打って変わって、セーターにジーンズ姿というラフな服装だ。部屋には大王製紙を代表するブランド、「エリエール」のティッシュが、ひと箱置かれていた。

「やっぱり思い入れのあるブランドですね」

 日本有数の製紙会社の御曹司として、その経営の立て直しにも采配を振った井川さんが“ムショ落ち”したのは、その関連企業からカジノでの賭け金を引っ張ったという特別背任容疑だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る