大量廃棄が物議 恵方巻きの次に来る「初午いなり」って?

公開日: 更新日:

 いつからか、2月3日の定番となった「恵方巻き」。近年ではスーパーやコンビニで余った恵方巻きの大量廃棄が問題になっており、兵庫県内でチェーン展開するスーパーが「もうやめにしよう」とチラシで訴えたのが話題となった。ところで、いつから恵方巻きは習慣化されたのだろうか。

「『日本の伝統』の正体」(柏書房)の著者、藤井青銅氏によると、「火付け役はセブン―イレブンで、ブームになったのは2000年代から。恵方巻きと同じように、“昔からこういう習慣がある”“縁起が良いとされている”という伝統モノに日本人は弱く、うまくいけば大きなビジネスになるんです。バレンタインデーにチョコレートを贈るのも、お菓子メーカーの考案によるものですが、すっかり定着していますよね」。

 その由来にかかわらず、昔からの慣習や伝統行事だと言われると、つい従ってしまいたくなるのが日本人。この心理をうまく使って伝統ビジネスを成功させた例は少なくないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る