• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

義理チョコ廃止の流れ 「バレンタイン告白」も時代遅れか

「日本は、義理チョコをやめよう。」とは、ゴディバジャパンが日本経済新聞に掲載した広告コピー。毎年、バレンタインデーに社内の男性に気を使ってチョコを用意しなければならないことを「面倒くさい」と感じる女性は多く、この風潮は終わりにしようというわけだ。

 しかし、バレンタインデーを「面倒な日」と感じるのは女性だけではない。最近の若い男性は、こう感じているようだ。

「お返しを考えるのが面倒。お金もかかるし、女性たちの中で『あのお返しはイマイチだった』とか評価されるのかなと思うと気が重い」(26歳・SE)

「ちょっと上の世代の、何個もらったかで男の格付けが決まるといった考え方がイヤ。上司に『いくつもらった?』と聞かれるのもウザイ」(29歳・サービス)

 というわけで、彼らはこぞって「バレンタインはなくてもいい」と言うのだ。「今年はいくつもらえるかな」「あの子からもらえるかな」などと色めき立っているのは、昭和生まれの男性ばかりなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る