義理チョコ廃止の流れ 「バレンタイン告白」も時代遅れか

公開日:

「日本は、義理チョコをやめよう。」とは、ゴディバジャパンが日本経済新聞に掲載した広告コピー。毎年、バレンタインデーに社内の男性に気を使ってチョコを用意しなければならないことを「面倒くさい」と感じる女性は多く、この風潮は終わりにしようというわけだ。

 しかし、バレンタインデーを「面倒な日」と感じるのは女性だけではない。最近の若い男性は、こう感じているようだ。

「お返しを考えるのが面倒。お金もかかるし、女性たちの中で『あのお返しはイマイチだった』とか評価されるのかなと思うと気が重い」(26歳・SE)

「ちょっと上の世代の、何個もらったかで男の格付けが決まるといった考え方がイヤ。上司に『いくつもらった?』と聞かれるのもウザイ」(29歳・サービス)

 というわけで、彼らはこぞって「バレンタインはなくてもいい」と言うのだ。「今年はいくつもらえるかな」「あの子からもらえるかな」などと色めき立っているのは、昭和生まれの男性ばかりなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る