NHK大河で再注目 西郷隆盛像はなぜ上野公園にあるのか?

公開日: 更新日:

 前回の直虎に比べれば視聴率も内容も健闘している大河ドラマ「西郷どん」。西郷隆盛といえば、まず思い浮かぶのが上野公園の銅像だ。1898(明治31)年の建立で、着流しに草履ばきで犬を連れている姿は日本国民に共通する“西郷どん”のイメージだろう。

 しかしなぜ上野公園なのか?

 東京なら勝海舟と江戸開城について会見した田町の薩摩藩下屋敷跡や、その際2人で登り「江戸を戦火で包むことはやめよう」と話し合った愛宕山などいくらでもふさわしい場所はあると思うのだが……。

 これについて「西郷どんの真実」(日本経済新聞出版社)などの著書がある歴史家の安藤優一郎氏はこう言う。

「西郷像が上野公園に建てられたのは、彰義隊の戦いで薩摩藩兵を率いて功績を上げたからで、その戦勝記念でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る