NHK大河で再注目 西郷隆盛像はなぜ上野公園にあるのか?

公開日:

 前回の直虎に比べれば視聴率も内容も健闘している大河ドラマ「西郷どん」。西郷隆盛といえば、まず思い浮かぶのが上野公園の銅像だ。1898(明治31)年の建立で、着流しに草履ばきで犬を連れている姿は日本国民に共通する“西郷どん”のイメージだろう。

 しかしなぜ上野公園なのか?

 東京なら勝海舟と江戸開城について会見した田町の薩摩藩下屋敷跡や、その際2人で登り「江戸を戦火で包むことはやめよう」と話し合った愛宕山などいくらでもふさわしい場所はあると思うのだが……。

 これについて「西郷どんの真実」(日本経済新聞出版社)などの著書がある歴史家の安藤優一郎氏はこう言う。

「西郷像が上野公園に建てられたのは、彰義隊の戦いで薩摩藩兵を率いて功績を上げたからで、その戦勝記念でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る