NHK大河で再注目 西郷隆盛像はなぜ上野公園にあるのか?

公開日: 更新日:

 前回の直虎に比べれば視聴率も内容も健闘している大河ドラマ「西郷どん」。西郷隆盛といえば、まず思い浮かぶのが上野公園の銅像だ。1898(明治31)年の建立で、着流しに草履ばきで犬を連れている姿は日本国民に共通する“西郷どん”のイメージだろう。

 しかしなぜ上野公園なのか?

 東京なら勝海舟と江戸開城について会見した田町の薩摩藩下屋敷跡や、その際2人で登り「江戸を戦火で包むことはやめよう」と話し合った愛宕山などいくらでもふさわしい場所はあると思うのだが……。

 これについて「西郷どんの真実」(日本経済新聞出版社)などの著書がある歴史家の安藤優一郎氏はこう言う。

「西郷像が上野公園に建てられたのは、彰義隊の戦いで薩摩藩兵を率いて功績を上げたからで、その戦勝記念でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る