鶴ひろみさん必死に回避 運転中突然死の事故過失や賠償は

公開日: 更新日:

 昨年末、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさん(享年57)が高速道路を運転中、大動脈解離で亡くなった。

 大動脈解離は血管が裂ける病気で、突然、胸や背中に杭を刺されたような激痛が走り、意識不明になる人も珍しくない。

「鶴さんは薄れゆく意識の中で必死に車を制御し、中央分離帯に接触した状態(単独物損事故)の車内で息を引き取っていた。他車を巻き込む人身事故を防ごうとしたのだろう、ハザードランプが点灯していたそうです」(捜査関係者)

 意識不明のまま事故を起こしていれば、多重事故で大勢の犠牲者を出していた可能性もある。このような運転中の突然死や急病など健康起因事故は、ドライバーの高齢化もあって増加中。

 07年は97件だったが、2016年は304件(別表)に増えた。過去5年で1046人の運転者の事故が報告されており、病気の内訳は脳疾患(くも膜下出血など)が16%、心臓疾患(心筋梗塞など)が14%、消化器疾患が6%となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る