鶴ひろみさん必死に回避 運転中突然死の事故過失や賠償は

公開日:

 昨年末、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさん(享年57)が高速道路を運転中、大動脈解離で亡くなった。

 大動脈解離は血管が裂ける病気で、突然、胸や背中に杭を刺されたような激痛が走り、意識不明になる人も珍しくない。

「鶴さんは薄れゆく意識の中で必死に車を制御し、中央分離帯に接触した状態(単独物損事故)の車内で息を引き取っていた。他車を巻き込む人身事故を防ごうとしたのだろう、ハザードランプが点灯していたそうです」(捜査関係者)

 意識不明のまま事故を起こしていれば、多重事故で大勢の犠牲者を出していた可能性もある。このような運転中の突然死や急病など健康起因事故は、ドライバーの高齢化もあって増加中。

 07年は97件だったが、2016年は304件(別表)に増えた。過去5年で1046人の運転者の事故が報告されており、病気の内訳は脳疾患(くも膜下出血など)が16%、心臓疾患(心筋梗塞など)が14%、消化器疾患が6%となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る