• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴ひろみさん必死に回避 運転中突然死の事故過失や賠償は

 昨年末、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさん(享年57)が高速道路を運転中、大動脈解離で亡くなった。

 大動脈解離は血管が裂ける病気で、突然、胸や背中に杭を刺されたような激痛が走り、意識不明になる人も珍しくない。

「鶴さんは薄れゆく意識の中で必死に車を制御し、中央分離帯に接触した状態(単独物損事故)の車内で息を引き取っていた。他車を巻き込む人身事故を防ごうとしたのだろう、ハザードランプが点灯していたそうです」(捜査関係者)

 意識不明のまま事故を起こしていれば、多重事故で大勢の犠牲者を出していた可能性もある。このような運転中の突然死や急病など健康起因事故は、ドライバーの高齢化もあって増加中。

 07年は97件だったが、2016年は304件(別表)に増えた。過去5年で1046人の運転者の事故が報告されており、病気の内訳は脳疾患(くも膜下出血など)が16%、心臓疾患(心筋梗塞など)が14%、消化器疾患が6%となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る