鶴ひろみさん必死に回避 運転中突然死の事故過失や賠償は

公開日:

 昨年末、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさん(享年57)が高速道路を運転中、大動脈解離で亡くなった。

 大動脈解離は血管が裂ける病気で、突然、胸や背中に杭を刺されたような激痛が走り、意識不明になる人も珍しくない。

「鶴さんは薄れゆく意識の中で必死に車を制御し、中央分離帯に接触した状態(単独物損事故)の車内で息を引き取っていた。他車を巻き込む人身事故を防ごうとしたのだろう、ハザードランプが点灯していたそうです」(捜査関係者)

 意識不明のまま事故を起こしていれば、多重事故で大勢の犠牲者を出していた可能性もある。このような運転中の突然死や急病など健康起因事故は、ドライバーの高齢化もあって増加中。

 07年は97件だったが、2016年は304件(別表)に増えた。過去5年で1046人の運転者の事故が報告されており、病気の内訳は脳疾患(くも膜下出血など)が16%、心臓疾患(心筋梗塞など)が14%、消化器疾患が6%となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る