曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

BAR TRUFFLE(阪神六甲)午後2時から飲める本格的バー

公開日: 更新日:

 日の高いうちから一杯飲む――これは左党にとって理想かもしれない。

 阪急六甲駅南口を出てすぐの所にある「トラッフル」は、なんと午後2時からやっているバーなのだ。「海外では早い時間から開いているバーがあるのに日本は少ない。14時からやっていても、当店はコーヒーなどはなく、完全なオーセンティックバー。日の高いうちからウイスキーやカクテルを楽しむ人が来てくれます」と店主の塩田港さんは話す。

 塩田さんは、花隈の有名店「サヴォイオマージュ」で修業をし、六甲で店を構えた。名人・森崎和哉さんの薫陶を受けただけにカクテルの技術に長けている。

 塩田さんが洒落っ気を含み、日のあるうちに私に作ったのがコープスリバー(1000円)。死者の蘇りを意味するこのカクテルは、ドライジン、コアントロー、キナリレ、レモンジュース、ペルノーをシェークして作る。本来はペルノー以外を同割りで作るそうだが、塩田さんはドライジンの量を多くしてレシピを変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る