栃木日光「四代目徳次郎」の天然氷 “硬さ日本一”のヒミツ

公開日: 更新日:

 栃木県の日光には、天然氷を貯蔵する「氷室」が残されている。その歴史は古く、清少納言の「枕草子」にも「削り氷にあまづら入れて」との一文が登場する。1200年前から、冬の池で張った天然氷を氷室に保存しておき、夏にかき氷にして楽しむ文化があったわけだ。

 そうした伝統を守り、志度淵川上流の湧水で天然氷を作っているのが「四代目徳次郎」の山本雄一郎さん。霧降高原の中腹にあるレジャー施設「チロリン村」のオーナーでもある。

 今から11年前、取引先だった先代が、施設の老朽化と後継者の問題で廃業するところを受け継いだ。

「氷室と天然氷は日光の文化。これは残さなきゃいけないと思ったんです。ただ、最初はなかなかOKと言ってくれなくて……。毎日顔を出して話をして、ようやく認めてもらったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る