• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本か米国か…テニス大坂なおみ 気になる二重国籍の行方

 急に頭角を現した女子テニスの大坂なおみ(20)の国籍をめぐって、日米が熾烈(しれつ)な争奪戦を繰り広げているという。

 父のレオナルドさんはハイチ系米国人、母の環さんは日本人。大坂はこの両親のもとで1997年10月に大阪市で生まれ、3歳で家族とニューヨークへ渡った。

 1つ上の姉のまりもテニスプレーヤーで、国際テニス連盟のプロフィルでは、2人とも国籍は「Japan」となっている。

 日本の国籍法(第14条第1項)では、22歳に達するまで、または20歳以上で重国籍になった場合は2年以内に、日本かそれ以外の国籍を選ばないといけない。つまり大坂は、これから1年半の間に「日本」か「米国」かで悩むことになる。

 日本人としては、ぜひ日本国籍を取得して欲しいが、小中高と米国の学校に通い、友人も米国人なら自宅や練習拠点も米国にある。パスポートやビザの手続きのわずらわしさを考えれば、日本を無理強いすることもできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る