日本か米国か…テニス大坂なおみ 気になる二重国籍の行方

公開日:  更新日:

 急に頭角を現した女子テニスの大坂なおみ(20)の国籍をめぐって、日米が熾烈(しれつ)な争奪戦を繰り広げているという。

 父のレオナルドさんはハイチ系米国人、母の環さんは日本人。大坂はこの両親のもとで1997年10月に大阪市で生まれ、3歳で家族とニューヨークへ渡った。

 1つ上の姉のまりもテニスプレーヤーで、国際テニス連盟のプロフィルでは、2人とも国籍は「Japan」となっている。

 日本の国籍法(第14条第1項)では、22歳に達するまで、または20歳以上で重国籍になった場合は2年以内に、日本かそれ以外の国籍を選ばないといけない。つまり大坂は、これから1年半の間に「日本」か「米国」かで悩むことになる。

 日本人としては、ぜひ日本国籍を取得して欲しいが、小中高と米国の学校に通い、友人も米国人なら自宅や練習拠点も米国にある。パスポートやビザの手続きのわずらわしさを考えれば、日本を無理強いすることもできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る