江崎グリコは10年前に導入 “出戻り社員”こそ究極の人材

公開日:

 生産労働人口の減少で、慢性的な人手不足が数十年は続く。これまでの常識や慣習にとらわれていては、人材難を克服できない。注目されるのが、転・退職者を再び自社に受け入れるカムバック制度である。

「江崎グリコ」(大阪市)は10年前、業界に先駆けて「カムバック制度」を導入した。結婚や育児などで退職した人の他、他社へ転職した人も受け入れている。

「現状では、グリコで働き続けたいが、やむを得ない理由で辞めた人が出戻るのがほとんどです。ただ、これからは人材難が深刻になる。例えば、他社で働きがいを見いだそうと転職した人が、『やっぱりグリコに戻りたい』というのであれば、採用試験はありますが、積極的に採用していきたいと考えています」(グリコ広報担当)

 会社に“見切り”をつけ、他社へ転職した元社員の出戻りは、日本ではレアケースだ。元社員も会社も抵抗があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る