• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK受信料がイヤなら…ワンセグ非対応スマホという選択肢

「ワンセグは怖い」と言いたくなる判決だった。

 ワンセグ機能付き携帯の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた裁判の控訴審で、東京高裁は26日、契約義務がないとした1審判決を取り消し、所有者の契約義務を認めた。この所有者は自宅にテレビがなかったそうだが、今回の判決を契機にテレビの有無に関係なく、受信料を徴収される可能性が出てきた。

 NHKのHPによると、現在、地上波の受信料は2カ月で2520円から。スマホを持っているという理由でこの料金を払わされるなら、いっそのことワンセグがついていない機種に買い替えたいという人もいるだろう。

 ドコモの最新カタログに掲載されているスマホとタブレットは全18機種。このうち3機種がワンセグを搭載していないスマホだ。シャープの「アクオス・センス」とサムスンの「ギャラクシーフィール」、ドコモのオリジナル商品「MONO」である。このほか「iPhone」もワンセグなしなのでセーフといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る