NHK受信料がイヤなら…ワンセグ非対応スマホという選択肢

公開日: 更新日:

「ワンセグは怖い」と言いたくなる判決だった。

 ワンセグ機能付き携帯の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた裁判の控訴審で、東京高裁は26日、契約義務がないとした1審判決を取り消し、所有者の契約義務を認めた。この所有者は自宅にテレビがなかったそうだが、今回の判決を契機にテレビの有無に関係なく、受信料を徴収される可能性が出てきた。

 NHKのHPによると、現在、地上波の受信料は2カ月で2520円から。スマホを持っているという理由でこの料金を払わされるなら、いっそのことワンセグがついていない機種に買い替えたいという人もいるだろう。

 ドコモの最新カタログに掲載されているスマホとタブレットは全18機種。このうち3機種がワンセグを搭載していないスマホだ。シャープの「アクオス・センス」とサムスンの「ギャラクシーフィール」、ドコモのオリジナル商品「MONO」である。このほか「iPhone」もワンセグなしなのでセーフといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る