NHK受信料がイヤなら…ワンセグ非対応スマホという選択肢

公開日:

「ワンセグは怖い」と言いたくなる判決だった。

 ワンセグ機能付き携帯の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた裁判の控訴審で、東京高裁は26日、契約義務がないとした1審判決を取り消し、所有者の契約義務を認めた。この所有者は自宅にテレビがなかったそうだが、今回の判決を契機にテレビの有無に関係なく、受信料を徴収される可能性が出てきた。

 NHKのHPによると、現在、地上波の受信料は2カ月で2520円から。スマホを持っているという理由でこの料金を払わされるなら、いっそのことワンセグがついていない機種に買い替えたいという人もいるだろう。

 ドコモの最新カタログに掲載されているスマホとタブレットは全18機種。このうち3機種がワンセグを搭載していないスマホだ。シャープの「アクオス・センス」とサムスンの「ギャラクシーフィール」、ドコモのオリジナル商品「MONO」である。このほか「iPhone」もワンセグなしなのでセーフといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る