NHK受信料がイヤなら…ワンセグ非対応スマホという選択肢

公開日:

「ワンセグは怖い」と言いたくなる判決だった。

 ワンセグ機能付き携帯の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた裁判の控訴審で、東京高裁は26日、契約義務がないとした1審判決を取り消し、所有者の契約義務を認めた。この所有者は自宅にテレビがなかったそうだが、今回の判決を契機にテレビの有無に関係なく、受信料を徴収される可能性が出てきた。

 NHKのHPによると、現在、地上波の受信料は2カ月で2520円から。スマホを持っているという理由でこの料金を払わされるなら、いっそのことワンセグがついていない機種に買い替えたいという人もいるだろう。

 ドコモの最新カタログに掲載されているスマホとタブレットは全18機種。このうち3機種がワンセグを搭載していないスマホだ。シャープの「アクオス・センス」とサムスンの「ギャラクシーフィール」、ドコモのオリジナル商品「MONO」である。このほか「iPhone」もワンセグなしなのでセーフといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る