曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

夫婦善哉(難波)カップルで食べたい名物ぜんざい

公開日: 更新日:

 以前、大阪外食産業協会の30周年誌を作った時に、同協会員だったサトフードサービスの人から「夫婦善哉」について詳しく聞いたことがある。

 同店の始まりは明治16年、文楽の太夫だった竹本琴太夫こと、木文字重兵衛が「お福」なる店を開いた。この店の面白さは、1人前のぜんざいを2杯の椀に分けている点。重兵衛の妻と娘はめでたい代物のように説明していたが、実は2つの椀に分けた方がたくさん入っているように思うからだ。

 昭和15年に織田作之助が小説「夫婦善哉」を上梓、ここのぜんざいを文中に登場させると一躍ブームになる。蝶子が言うセリフ「一人より夫婦の方がええということでっしゃろ」は、この店の2椀のぜんざいに夫婦愛の意味も加え、いつしか大阪名物のようになってしまった。

 この風変わりなぜんざいを出していた店は、演出家の平井正一郎氏が引き継いだり、料理屋「みどり」がやっていたりと経営者が代わっていたのだが、サトフードサービスの創業者・重里進さんが法善寺横丁に「すし半」を営んでいた縁から「夫婦善哉」の火を消さぬようにと、昭和39年に暖簾を引き継いで今に至っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る