• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオラトリオ「ヤマトタケル」、オペラ「忠臣蔵」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2007年、紫綬褒章受章。今月27日(~31日)に、初のオペラブッファ(喜歌劇)となる「狂おしき真夏の一日」(東京文化会館大ホール)を開演。台本は林真理子氏、演出は秋元康氏が手掛けている。

気を失うほどに驚いた山口放送の「記憶の澱」を見てほしい

 安倍内閣の支持率が急落している。調査によっては、支持が2割台というのもあった。1年以上くすぶり続けている問題で次々に新たな文書が見つかっているのだから当然だろうけど、これだけボロボロと出てくるのは安倍さんの力が弱まってきた証拠。このままいけば自民党総裁選での3選はないだろうね。悪運も尽きそうだ。

 ただ、次の総裁として、小泉進次郎さんに期待する国民は多いみたいだけど、それは果たしてどうだろうか。田中真紀子さんは「第2の安倍になる」と指摘しているようだが、同感だ。彼の発言から知性や教養を感じたことはない。ベースになるところがなくて人気頼みで上り詰めれば、強硬的で独善的な政治手法で突っ走る恐れは十分にあるだろう。人気先行型の政治家は、安倍さんだけで十分だ。

 日本は本当に過去を検証しないよね。イラク戦争で米ブッシュ政権と足並みをそろえたイギリスだって、7年もかけて調査して侵攻が間違いだったと結論付けている。それなのに日本は頬かむりで、サマワに派遣した自衛隊の日報も最近まで出てこなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る