「メンズビオレ 薬用デオドラントZ」は“汗のニオイを防ぐ”を追及

公開日: 更新日:

 花王のデオドラントブランド「ビオレ/メンズビオレ 薬用デオドラントZ」に注目だ。たくさん汗をかいてもにおわせない設計で、2017年2月に発売すると大ヒット。累計出荷個数は750万個を突破した。

 スキンケアブランドとして絶大な人気を誇るビオレだが、この分野では最後発。綿密なマーケティングの末にたどり着いたのは、汗を止める制汗剤ではなく、汗のニオイを防ぐデオドラント剤だった。

「従来の制汗剤に満足していない人たちを調査したところ、『自分は他の人よりも汗かき』という意識を持つ傾向があり、ニオイに対する意識も高かった。結局、汗は完全には止められない。だったら、におわせない商品を提案すべきと考えた」(ビオレ事業部の沼田慶介氏)

 そもそもなぜ汗はにおうのか。実は汗そのものはほぼニオイがないのだが、肌に残った汗が、皮脂や汚れと混ざってニオイ菌により分解されるとニオイが出てくるのだという。となれば殺菌だ。たくさん汗をかいてもニオイ菌への殺菌作用が続く“汗殺菌スタミナ技術”を開発。薬用デオドラントZは、長時間のニオイ予防を実現した。さらには“汗瞬間ドライパウダー”も威力を発揮。汗を瞬時に乾かすことで快適な素肌もかなえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る