「メンズビオレ 薬用デオドラントZ」は“汗のニオイを防ぐ”を追及

公開日:

 花王のデオドラントブランド「ビオレ/メンズビオレ 薬用デオドラントZ」に注目だ。たくさん汗をかいてもにおわせない設計で、2017年2月に発売すると大ヒット。累計出荷個数は750万個を突破した。

 スキンケアブランドとして絶大な人気を誇るビオレだが、この分野では最後発。綿密なマーケティングの末にたどり着いたのは、汗を止める制汗剤ではなく、汗のニオイを防ぐデオドラント剤だった。

「従来の制汗剤に満足していない人たちを調査したところ、『自分は他の人よりも汗かき』という意識を持つ傾向があり、ニオイに対する意識も高かった。結局、汗は完全には止められない。だったら、におわせない商品を提案すべきと考えた」(ビオレ事業部の沼田慶介氏)

 そもそもなぜ汗はにおうのか。実は汗そのものはほぼニオイがないのだが、肌に残った汗が、皮脂や汚れと混ざってニオイ菌により分解されるとニオイが出てくるのだという。となれば殺菌だ。たくさん汗をかいてもニオイ菌への殺菌作用が続く“汗殺菌スタミナ技術”を開発。薬用デオドラントZは、長時間のニオイ予防を実現した。さらには“汗瞬間ドライパウダー”も威力を発揮。汗を瞬時に乾かすことで快適な素肌もかなえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る