• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ヒットの本格梅酒「The CHOYA」は家庭づくりから進化

 本格梅酒にこだわるチョーヤ梅酒(以下、チョーヤ)の新定番「The CHOYA(ザ・チョーヤ)」は、2016年の発売以来、好調な売り上げを続けている。

 梅農家の協力による良質な国産梅を使用し、外部環境に影響を受けない自立熟成で造られるチョーヤの梅酒。その集大成ともいえる「The CHOYA」は家庭づくりから進化した梅酒で、1年熟成と3年熟成を中心に展開する。洋酒感を取り入れたボトルも特徴的だ。

「たとえば1年熟成の『SINGLE YEAR(シングルイヤー)』は、食事にも合うように甘味を抑えたキレのある味わいに仕上げている。スタイリッシュなボトルも食卓に置くことを想定。飲用シーンの広がりが好調な販売につながっていると思う」(企画広報推進部の細谷悠夏氏)

 1959年に梅酒の販売をスタートしたチョーヤは、梅酒市場のパイオニアとして君臨。86年には主力の「紀州」を発売して圧倒的なシェアを獲得するも、やがて梅酒ブームで他社の参入が進み、酸味料や香料などの添加物を使用した商品も出回る中で危機感を持つようになる。そこでブランドの再構築に着手。自社の強みを改めて検証した結果、「熟成」と「ブレンド技術」にたどり着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る