大ヒットの本格梅酒「The CHOYA」は家庭づくりから進化

公開日:

 本格梅酒にこだわるチョーヤ梅酒(以下、チョーヤ)の新定番「The CHOYA(ザ・チョーヤ)」は、2016年の発売以来、好調な売り上げを続けている。

 梅農家の協力による良質な国産梅を使用し、外部環境に影響を受けない自立熟成で造られるチョーヤの梅酒。その集大成ともいえる「The CHOYA」は家庭づくりから進化した梅酒で、1年熟成と3年熟成を中心に展開する。洋酒感を取り入れたボトルも特徴的だ。

「たとえば1年熟成の『SINGLE YEAR(シングルイヤー)』は、食事にも合うように甘味を抑えたキレのある味わいに仕上げている。スタイリッシュなボトルも食卓に置くことを想定。飲用シーンの広がりが好調な販売につながっていると思う」(企画広報推進部の細谷悠夏氏)

 1959年に梅酒の販売をスタートしたチョーヤは、梅酒市場のパイオニアとして君臨。86年には主力の「紀州」を発売して圧倒的なシェアを獲得するも、やがて梅酒ブームで他社の参入が進み、酸味料や香料などの添加物を使用した商品も出回る中で危機感を持つようになる。そこでブランドの再構築に着手。自社の強みを改めて検証した結果、「熟成」と「ブレンド技術」にたどり着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る