• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ヒットの本格梅酒「The CHOYA」は家庭づくりから進化

 本格梅酒にこだわるチョーヤ梅酒(以下、チョーヤ)の新定番「The CHOYA(ザ・チョーヤ)」は、2016年の発売以来、好調な売り上げを続けている。

 梅農家の協力による良質な国産梅を使用し、外部環境に影響を受けない自立熟成で造られるチョーヤの梅酒。その集大成ともいえる「The CHOYA」は家庭づくりから進化した梅酒で、1年熟成と3年熟成を中心に展開する。洋酒感を取り入れたボトルも特徴的だ。

「たとえば1年熟成の『SINGLE YEAR(シングルイヤー)』は、食事にも合うように甘味を抑えたキレのある味わいに仕上げている。スタイリッシュなボトルも食卓に置くことを想定。飲用シーンの広がりが好調な販売につながっていると思う」(企画広報推進部の細谷悠夏氏)

 1959年に梅酒の販売をスタートしたチョーヤは、梅酒市場のパイオニアとして君臨。86年には主力の「紀州」を発売して圧倒的なシェアを獲得するも、やがて梅酒ブームで他社の参入が進み、酸味料や香料などの添加物を使用した商品も出回る中で危機感を持つようになる。そこでブランドの再構築に着手。自社の強みを改めて検証した結果、「熟成」と「ブレンド技術」にたどり着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る