ルーでもレトルトでもない 「日清カレーメシ」の紆余曲折

公開日: 更新日:

“メンよりメシ!”をスローガンに掲げる、日清食品のカップライス「日清カレーメシ」が好調だ。

 ライスとルーが一体になった新ジャンルのカレーは2014年に発売以来、若年層を中心に支持を集めている。

 もともとは電子レンジ調理の商品としてスタートしたが、市場のニーズはやっぱり“湯かけ”。16年8月にリニューアルしてから1年間で売り上げは2倍に伸長した。

「カップにお湯を注いで5分たったらかき混ぜるだけ。ルーも顆粒から固形に変更し、より本格的な味わいになった」(ブランドマネジャーの金子大介氏=写真)

 日清食品のカップライスは、10年発売の「日清カップヌードルごはん」が大ヒット。インスタントラーメンに続く第2の柱とすべく、順次ラインアップを拡大してきた。カレーもそのひとつで、まずは13年9月に、前身の「日清カップカレーライス」を発売する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る