• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミニストップ「クランキーチキン」なぜポテトとチキン?

 ミニストップのホットスナックは個性派揃いで知られるが、中でもユニークなのが「クランキーチキン」だ。フライドポテトのカリッと感とフライドチキンの肉粒感が楽しめる新感覚のホットスナックとして2010年に誕生。ひと口サイズなので食べやすく、カップ入りだから手も汚れにくい。子どもからお年寄りまで幅広い支持を得てヒット商品に成長した。

 つまめるチキンはビールのお供としても人気が高い。またアウトドアにもうってつけで「年間を通して安定して売れる商品だが、外に出る機会が増える春夏は、特に販売が伸びる」(インストア商品開発部の白石耕一郎氏)という。

 そもそもなぜポテトとチキンなのか。コンビニのホットスナックといえば、フライドチキンこそメインの扱いだが、ポテトはどちらかというと脇役の場合が多い。作り置きが難しいためと考えられるが、店内に本格的な厨房を併設しているミニストップにおいては、むしろ攻めどころ。現に「Xフライドポテト」(04年発売)という大ヒット商品を持っている。注文を受けてから最後のひと揚げ(最終加工)をすることによって引き出される、外はカリッと、中はほっくりとした食感は人気も納得で、「いつでも出来たてを実現できるからこそ、食感重視のポテトで勝負できており、この成功があったからこそ、ポテトとチキンのコラボという発想に行き着いた」(白石氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る