ミニストップ「クランキーチキン」なぜポテトとチキン?

公開日: 更新日:

 ミニストップのホットスナックは個性派揃いで知られるが、中でもユニークなのが「クランキーチキン」だ。フライドポテトのカリッと感とフライドチキンの肉粒感が楽しめる新感覚のホットスナックとして2010年に誕生。ひと口サイズなので食べやすく、カップ入りだから手も汚れにくい。子どもからお年寄りまで幅広い支持を得てヒット商品に成長した。

 つまめるチキンはビールのお供としても人気が高い。またアウトドアにもうってつけで「年間を通して安定して売れる商品だが、外に出る機会が増える春夏は、特に販売が伸びる」(インストア商品開発部の白石耕一郎氏)という。

 そもそもなぜポテトとチキンなのか。コンビニのホットスナックといえば、フライドチキンこそメインの扱いだが、ポテトはどちらかというと脇役の場合が多い。作り置きが難しいためと考えられるが、店内に本格的な厨房を併設しているミニストップにおいては、むしろ攻めどころ。現に「Xフライドポテト」(04年発売)という大ヒット商品を持っている。注文を受けてから最後のひと揚げ(最終加工)をすることによって引き出される、外はカリッと、中はほっくりとした食感は人気も納得で、「いつでも出来たてを実現できるからこそ、食感重視のポテトで勝負できており、この成功があったからこそ、ポテトとチキンのコラボという発想に行き着いた」(白石氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る