• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミニストップ「クランキーチキン」なぜポテトとチキン?

 ミニストップのホットスナックは個性派揃いで知られるが、中でもユニークなのが「クランキーチキン」だ。フライドポテトのカリッと感とフライドチキンの肉粒感が楽しめる新感覚のホットスナックとして2010年に誕生。ひと口サイズなので食べやすく、カップ入りだから手も汚れにくい。子どもからお年寄りまで幅広い支持を得てヒット商品に成長した。

 つまめるチキンはビールのお供としても人気が高い。またアウトドアにもうってつけで「年間を通して安定して売れる商品だが、外に出る機会が増える春夏は、特に販売が伸びる」(インストア商品開発部の白石耕一郎氏)という。

 そもそもなぜポテトとチキンなのか。コンビニのホットスナックといえば、フライドチキンこそメインの扱いだが、ポテトはどちらかというと脇役の場合が多い。作り置きが難しいためと考えられるが、店内に本格的な厨房を併設しているミニストップにおいては、むしろ攻めどころ。現に「Xフライドポテト」(04年発売)という大ヒット商品を持っている。注文を受けてから最後のひと揚げ(最終加工)をすることによって引き出される、外はカリッと、中はほっくりとした食感は人気も納得で、「いつでも出来たてを実現できるからこそ、食感重視のポテトで勝負できており、この成功があったからこそ、ポテトとチキンのコラボという発想に行き着いた」(白石氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る