• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐賀県・和歌山県の男女はどうして地元で恋愛しないのか

 就職も結婚も地元志向が強まっているといわれるが、他県の異性と相性がいい地域もある。婚活サービス「ゼクシィ縁結び」が、異なる地域に住むユーザー同士のマッチング割合を分析した調査によると、他県の異性とマッチング割合が高いのは、男女ともに1位が佐賀県(男性88.8%、女性75.3%)となった。2位は共に和歌山県で男性80.3%、女性73.6%。3位以降は、男女で傾向がバラバラだった。

 なぜ佐賀と和歌山の人たちは地元で相手を見つけないのだろうか。

「佐賀県は、九州の中でも男性上位型の文化が根強いところです。男女ともに保守的で、開放感はあまりない。芸人のはなわさんがヒット曲『佐賀県』でネタにしている通り、これといった特徴がなく存在感が薄いことも気にしている。だからといって、九州に誇りがあるので遠方に出たいわけじゃない。隣県の福岡に憧れを持っていて、そこに暮らす異性を求めてしまうのでしょう」(ナンバーワン戦略研究所の矢野新一所長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る