歴史は繰り返すのか 揺れが続く静岡・愛知・和歌山の“次”

公開日: 更新日:

 熊本地震から丸2年を迎えた先週末の14日、愛知県西部で有感地震が3回続いた。それぞれ規模はM3.5(震度3)、M3.1(震度2)、M4.6(震度4)。M6.5(震度7)だった熊本地震ほどではないが、無視できるものではない。

 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

「今回の地震の震源は1945年1月に起きた三河地震の深溝(ふこうず)断層と同じか極めて近い場所にあります。ユーラシアプレートが歪みに耐えかねて活断層が動いたために発生したと考えられます」

 当時の三河地震の前後には、43年鳥取地震(内陸直下型)、44年東南海地震(プレート型)、46年には南海地震(プレート型)が起きている。

 歴史は繰り返される可能性が高い。すでに2016年には鳥取県中部地震(M6.6)があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る