平田静子さん<4>「もう誰も愛さない」の原作本が大ヒット

公開日:

 フジテレビに入社して15年目の35歳のときに、扶桑社へ出向の辞令が出た。

「前身のリビングマガジンが倒産し、当時のフジテレビ副社長だった鹿内春雄さんが“1年間、この会社に行って立て直す”と、扶桑社に商号変更したころでした」

 倒産した会社、しかもテレビ局ではなく出版社である。だれもが“左遷人事”だろうと思っていた。平田さんも、まさか自分に白羽の矢が立つとは思っていなかったという。

「内示が出たときには、ある社員から『静ネエ、聞いたよ。扶桑社に行くんだって? 辞めないよね!? 辞めないでくれよー』と電話がありました。それくらい左遷だと思われましたし、周囲は私が退職するのではないかと心配し、みんな気の毒がっていましたよ」

 配属は宣伝部。

「それまで紙の媒体には何の興味もなかったですし、正直、読書をすることもほぼなかったです。ただ、それまでに経験した3つのセクションで、フジテレビはもちろん、系列局のキーマンとなる人も全員知っていたので、直接会って『この本を宣伝してください!』とお願いすることができた。事務処理や秘書的役割のなかで築いてきた人脈が生かされ始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る