平田静子さん<4>「もう誰も愛さない」の原作本が大ヒット

公開日: 更新日:

 フジテレビに入社して15年目の35歳のときに、扶桑社へ出向の辞令が出た。

「前身のリビングマガジンが倒産し、当時のフジテレビ副社長だった鹿内春雄さんが“1年間、この会社に行って立て直す”と、扶桑社に商号変更したころでした」

 倒産した会社、しかもテレビ局ではなく出版社である。だれもが“左遷人事”だろうと思っていた。平田さんも、まさか自分に白羽の矢が立つとは思っていなかったという。

「内示が出たときには、ある社員から『静ネエ、聞いたよ。扶桑社に行くんだって? 辞めないよね!? 辞めないでくれよー』と電話がありました。それくらい左遷だと思われましたし、周囲は私が退職するのではないかと心配し、みんな気の毒がっていましたよ」

 配属は宣伝部。

「それまで紙の媒体には何の興味もなかったですし、正直、読書をすることもほぼなかったです。ただ、それまでに経験した3つのセクションで、フジテレビはもちろん、系列局のキーマンとなる人も全員知っていたので、直接会って『この本を宣伝してください!』とお願いすることができた。事務処理や秘書的役割のなかで築いてきた人脈が生かされ始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る