平田静子さん<4>「もう誰も愛さない」の原作本が大ヒット

公開日:

 フジテレビに入社して15年目の35歳のときに、扶桑社へ出向の辞令が出た。

「前身のリビングマガジンが倒産し、当時のフジテレビ副社長だった鹿内春雄さんが“1年間、この会社に行って立て直す”と、扶桑社に商号変更したころでした」

 倒産した会社、しかもテレビ局ではなく出版社である。だれもが“左遷人事”だろうと思っていた。平田さんも、まさか自分に白羽の矢が立つとは思っていなかったという。

「内示が出たときには、ある社員から『静ネエ、聞いたよ。扶桑社に行くんだって? 辞めないよね!? 辞めないでくれよー』と電話がありました。それくらい左遷だと思われましたし、周囲は私が退職するのではないかと心配し、みんな気の毒がっていましたよ」

 配属は宣伝部。

「それまで紙の媒体には何の興味もなかったですし、正直、読書をすることもほぼなかったです。ただ、それまでに経験した3つのセクションで、フジテレビはもちろん、系列局のキーマンとなる人も全員知っていたので、直接会って『この本を宣伝してください!』とお願いすることができた。事務処理や秘書的役割のなかで築いてきた人脈が生かされ始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る