平田静子さん<4>「もう誰も愛さない」の原作本が大ヒット

公開日: 更新日:

 フジテレビに入社して15年目の35歳のときに、扶桑社へ出向の辞令が出た。

「前身のリビングマガジンが倒産し、当時のフジテレビ副社長だった鹿内春雄さんが“1年間、この会社に行って立て直す”と、扶桑社に商号変更したころでした」

 倒産した会社、しかもテレビ局ではなく出版社である。だれもが“左遷人事”だろうと思っていた。平田さんも、まさか自分に白羽の矢が立つとは思っていなかったという。

「内示が出たときには、ある社員から『静ネエ、聞いたよ。扶桑社に行くんだって? 辞めないよね!? 辞めないでくれよー』と電話がありました。それくらい左遷だと思われましたし、周囲は私が退職するのではないかと心配し、みんな気の毒がっていましたよ」

 配属は宣伝部。

「それまで紙の媒体には何の興味もなかったですし、正直、読書をすることもほぼなかったです。ただ、それまでに経験した3つのセクションで、フジテレビはもちろん、系列局のキーマンとなる人も全員知っていたので、直接会って『この本を宣伝してください!』とお願いすることができた。事務処理や秘書的役割のなかで築いてきた人脈が生かされ始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る