【保険】本当に必要な特約は2つだけ 単体の方がお得

公開日:

 最も重要なのが「特約」の整理だ。介護特約だ、災害入院特約だと、最近の保険にはいろんな特約が用意されているが、実際は、必要のないものばかりである。

「かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK」の著者でファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏は、「入っておきたいのは、保険料の払い込みが免除される特約と、リビングニーズ特約ぐらいです。どうしても必要であれば、単体の保険で入った方がいい」とアドバイスする。

 3大疾病や介護状態などになったとき、以後の保険料の支払いが免除される特約は、加入者のことを考えられたものだ。高度障害で働けなくなっても保険料を払い続けなければならないようでは、負担が大きい。

 リビングニーズは余命6カ月と宣言されたときに保険金を前もって受け取れるもの。こちらは無料で付けられるので、付加しない理由がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る