【家計】欲しいものはへの支出は「30%以内」にとどめる

公開日:

 家計を見直してムダな出費を減らすには、家計簿をしっかりつけてムダをあぶり出すのが手っ取り早い。しかし、もっと簡単で手間がかからない方法があるという。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「すべての費目を『必要なもの』と『欲しいもの』に分けるのです。一般にバランスのいい家計は、『必要なもの』と『欲しいもの』の割合が7対3。『欲しいもの』の総額を家計の3割に収まるようにチェックすれば、ムダを排除できます」

 たとえば、家賃や光熱費、子供の教育費、貯金などは「必要なもの」。細かくやるなら、ここも吟味が必要だが、簡単にするなら無視していい。重要なのは、「欲しいもの」の仕分けだ。

■優先順位をつけてムダをカット

「いつも発泡酒を飲んでいる人が、たまにはビールを飲みたい。夏物の新しい服を買いたい。そういうものは、すべて『欲しいもの』として考えます。すべてカットすることはできませんから、優先順位をつけるのです。例に挙げた服だと、私服の夏物はすぐでなくても構わないでしょうが、仕事用の夏物はすぐにそろえる必要があるはず。だから、どちらかを選ぶなら仕事用の夏服となります。そうやって、『欲しいもの』の総額を洗い出して、それが全体の40%を占めているなら、30%に減らすことを考えるといいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る