【家計】欲しいものはへの支出は「30%以内」にとどめる

公開日: 更新日:

 家計を見直してムダな出費を減らすには、家計簿をしっかりつけてムダをあぶり出すのが手っ取り早い。しかし、もっと簡単で手間がかからない方法があるという。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「すべての費目を『必要なもの』と『欲しいもの』に分けるのです。一般にバランスのいい家計は、『必要なもの』と『欲しいもの』の割合が7対3。『欲しいもの』の総額を家計の3割に収まるようにチェックすれば、ムダを排除できます」

 たとえば、家賃や光熱費、子供の教育費、貯金などは「必要なもの」。細かくやるなら、ここも吟味が必要だが、簡単にするなら無視していい。重要なのは、「欲しいもの」の仕分けだ。

■優先順位をつけてムダをカット

「いつも発泡酒を飲んでいる人が、たまにはビールを飲みたい。夏物の新しい服を買いたい。そういうものは、すべて『欲しいもの』として考えます。すべてカットすることはできませんから、優先順位をつけるのです。例に挙げた服だと、私服の夏物はすぐでなくても構わないでしょうが、仕事用の夏物はすぐにそろえる必要があるはず。だから、どちらかを選ぶなら仕事用の夏服となります。そうやって、『欲しいもの』の総額を洗い出して、それが全体の40%を占めているなら、30%に減らすことを考えるといいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る