【家計】欲しいものはへの支出は「30%以内」にとどめる

公開日: 更新日:

 家計を見直してムダな出費を減らすには、家計簿をしっかりつけてムダをあぶり出すのが手っ取り早い。しかし、もっと簡単で手間がかからない方法があるという。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「すべての費目を『必要なもの』と『欲しいもの』に分けるのです。一般にバランスのいい家計は、『必要なもの』と『欲しいもの』の割合が7対3。『欲しいもの』の総額を家計の3割に収まるようにチェックすれば、ムダを排除できます」

 たとえば、家賃や光熱費、子供の教育費、貯金などは「必要なもの」。細かくやるなら、ここも吟味が必要だが、簡単にするなら無視していい。重要なのは、「欲しいもの」の仕分けだ。

■優先順位をつけてムダをカット

「いつも発泡酒を飲んでいる人が、たまにはビールを飲みたい。夏物の新しい服を買いたい。そういうものは、すべて『欲しいもの』として考えます。すべてカットすることはできませんから、優先順位をつけるのです。例に挙げた服だと、私服の夏物はすぐでなくても構わないでしょうが、仕事用の夏物はすぐにそろえる必要があるはず。だから、どちらかを選ぶなら仕事用の夏服となります。そうやって、『欲しいもの』の総額を洗い出して、それが全体の40%を占めているなら、30%に減らすことを考えるといいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る