下水路に落ちた子犬救ったインド人ロボット技術者の“閃き”

公開日: 更新日:

 インド北部ウッタル・プラデーシュ州ラクナウに住むミリンド・ラジさん(27)が先月、朝の散歩をしていたところ、どこからか悲しげな犬の鳴き声が聞こえてきた。声の方に歩いてゆくと、下水路に子犬が落ち、脱出できないことが分かった。下水路は深さが6メートルほどあり、また極めて不潔でとても人間が中に入って救出できるような状況ではなかった。

 インドのテレビ局NDTVが3日付で報じたところによると、ラジさんはロボット技術者。研究所に、AI(人工知能)が操作するロボットアームがあるのを思い出した。心臓の鼓動を感知するセンサーがついており、生物を認識してつかむことができる。

「あれを強力なドローンから吊るして子犬をつかんで救い出せないだろうか?」

 ラジさんは、すぐに研究所に戻り、ドローンとアームをロープでつなぐなどの組み立て作業を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る