下水路に落ちた子犬救ったインド人ロボット技術者の“閃き”

公開日:

 インド北部ウッタル・プラデーシュ州ラクナウに住むミリンド・ラジさん(27)が先月、朝の散歩をしていたところ、どこからか悲しげな犬の鳴き声が聞こえてきた。声の方に歩いてゆくと、下水路に子犬が落ち、脱出できないことが分かった。下水路は深さが6メートルほどあり、また極めて不潔でとても人間が中に入って救出できるような状況ではなかった。

 インドのテレビ局NDTVが3日付で報じたところによると、ラジさんはロボット技術者。研究所に、AI(人工知能)が操作するロボットアームがあるのを思い出した。心臓の鼓動を感知するセンサーがついており、生物を認識してつかむことができる。

「あれを強力なドローンから吊るして子犬をつかんで救い出せないだろうか?」

 ラジさんは、すぐに研究所に戻り、ドローンとアームをロープでつなぐなどの組み立て作業を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る