下水路に落ちた子犬救ったインド人ロボット技術者の“閃き”

公開日:

 インド北部ウッタル・プラデーシュ州ラクナウに住むミリンド・ラジさん(27)が先月、朝の散歩をしていたところ、どこからか悲しげな犬の鳴き声が聞こえてきた。声の方に歩いてゆくと、下水路に子犬が落ち、脱出できないことが分かった。下水路は深さが6メートルほどあり、また極めて不潔でとても人間が中に入って救出できるような状況ではなかった。

 インドのテレビ局NDTVが3日付で報じたところによると、ラジさんはロボット技術者。研究所に、AI(人工知能)が操作するロボットアームがあるのを思い出した。心臓の鼓動を感知するセンサーがついており、生物を認識してつかむことができる。

「あれを強力なドローンから吊るして子犬をつかんで救い出せないだろうか?」

 ラジさんは、すぐに研究所に戻り、ドローンとアームをロープでつなぐなどの組み立て作業を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る