公文式27年ぶり値上げ 無料塾は月謝負担が重い親を救うか

公開日: 更新日:

 子供の教育の土台といえば、読み書きそろばんだ。民間の業者でそれに一役買っているのが、公文式だろう。“庶民の寺子屋”がこのほど27年ぶりに値上げするとあって、ちょっとした騒ぎになっている。

 今年10月から適用される新しい月謝は、東京・神奈川の場合、幼児・小学生が7560円、中学生が8640円で、高校生以上が9720円。いずれも1080円の増加だ。従来は全国一律だったが、新料金では東京・神奈川はほかの地域より割高で、他地域はそれぞれの年齢で540円安い設定だ。

 塾の値上げはほかにもあって、都立一貫中に強いenaは18年度から小学部本科コースの月謝を2160~4320円アップ。週3回通う小5は4320円増の3万1320円で、週4回の小6は3240円増の4万1040円だ。通う回数が違うとはいえ、旧料金の5年から新料金の6年に進むと1.5倍の負担増を余儀なくされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る