公文式27年ぶり値上げ 無料塾は月謝負担が重い親を救うか

公開日:

 子供の教育の土台といえば、読み書きそろばんだ。民間の業者でそれに一役買っているのが、公文式だろう。“庶民の寺子屋”がこのほど27年ぶりに値上げするとあって、ちょっとした騒ぎになっている。

 今年10月から適用される新しい月謝は、東京・神奈川の場合、幼児・小学生が7560円、中学生が8640円で、高校生以上が9720円。いずれも1080円の増加だ。従来は全国一律だったが、新料金では東京・神奈川はほかの地域より割高で、他地域はそれぞれの年齢で540円安い設定だ。

 塾の値上げはほかにもあって、都立一貫中に強いenaは18年度から小学部本科コースの月謝を2160~4320円アップ。週3回通う小5は4320円増の3万1320円で、週4回の小6は3240円増の4万1040円だ。通う回数が違うとはいえ、旧料金の5年から新料金の6年に進むと1.5倍の負担増を余儀なくされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る