• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐々木俊尚さん<2>台湾人として歌舞伎町のマフィアを取材

 事件記者は、いかに警察内部にネタ元をつくるかで力量が問われます。基本は、捜査1課なら巡査部長、警部補、警部から情報をもらう。彼らは地方公務員だから、情報漏洩は公務員法違反になるし、マスコミも一切接触してはいけない。警察は定例の他、事件があれば記者会見を必ずやるので、そこで話すのが唯一の広報窓口です。建前はそれ以外、取材を受けないことになっている。だから、一生懸命夜回りをしても会ってくれないし、そもそも帰りだって遅い。捜査1課の刑事となると、捜査本部ができれば1カ月くらい家に帰りません。それでも自宅に戻るタイミングを見計らって通うんです。

 ある検事さんのときは、雨の中で6時間くらい立ちました。同僚から「厳しい人だけど意外と情にもろい」と聞いていたんです。「そうか」と思って行ったら、官舎の玄関で「いい加減にしろ」と拒否された。でも、きっと折れるだろうと思って待ったら、案の定、玄関を開けて、中に入れてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る