原価率は4割以上 ファーストフード看板メニューなぜ黒字?

公開日:

 ファストフードの代名詞ともいえるハンバーガー、牛丼、回転寿司店ですが、原価率は非常に高く、軒並み4割を超えています。

 通常、“飲食店の原材料費は3割以下に抑える”というのが定石です。そうでないと、人件費、家賃、水道光熱費などが、粗利を超えて赤字になるからです。しかし、前述の3業態の看板メニューは、いずれも推定原価率が4割を超えるもの。いつ赤字になってもおかしくないのです。

 例えば、ハンバーガーの原価率は、バンズ(パン)10円、肉18円、野菜10円、ソース7円で、100円で提供すると推定原価率45%。牛丼の場合は、牛肉80円、タマネギ6円、たれ30円、ご飯40円の計156円です。並盛り380円で提供すると推定原価率41%になります。

 回転寿司は、もっと凄いことになっています。ネタで一番高いウニが85円、マグロ75円、イクラ70円、ハマチ64円、サーモン64円、ヤリイカ54円で、これらを100円で提供すると、推定原価率はそのままの数値になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る