原価率は4割以上 ファーストフード看板メニューなぜ黒字?

公開日:

 ファストフードの代名詞ともいえるハンバーガー、牛丼、回転寿司店ですが、原価率は非常に高く、軒並み4割を超えています。

 通常、“飲食店の原材料費は3割以下に抑える”というのが定石です。そうでないと、人件費、家賃、水道光熱費などが、粗利を超えて赤字になるからです。しかし、前述の3業態の看板メニューは、いずれも推定原価率が4割を超えるもの。いつ赤字になってもおかしくないのです。

 例えば、ハンバーガーの原価率は、バンズ(パン)10円、肉18円、野菜10円、ソース7円で、100円で提供すると推定原価率45%。牛丼の場合は、牛肉80円、タマネギ6円、たれ30円、ご飯40円の計156円です。並盛り380円で提供すると推定原価率41%になります。

 回転寿司は、もっと凄いことになっています。ネタで一番高いウニが85円、マグロ75円、イクラ70円、ハマチ64円、サーモン64円、ヤリイカ54円で、これらを100円で提供すると、推定原価率はそのままの数値になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る