タレント気取りのインフルエンサー女子 驚きの収入と生態

公開日:

 最近、タレントが登壇する新製品発表会を取材するプレスの顔ぶれが変わっている。スマホ片手に会見席に座るのは“ブロガー”“インフルエンサー”と呼ばれる人たちだ。

 冬でもノースリーブにサンダルなど、パーティーかと思うほど華やかな装い。生活用品や食品の発表会では私語が多くてコメントが聞き取れなかったり、写真撮影では報道陣を押しのけてスマホで撮影するブロガーたちに新聞や雑誌などのマスコミ陣は閉口気味だ。ところが彼らはたった1回の発表会で驚くべき収入を得ているというのだ。

「インスタで商品を紹介するだけで、フォロワー数に応じた報酬がもらえるんです。会見に呼ばれる人たちは、フォロワー数表示にK(1000人)やM(100万人)の単位がついた人たちで、フォロワー1人につき1~2円が相場。つまり、フォロワーが30万人いれば、商品紹介の記事1つ書いただけで50万円超えの収入。月収100万円超えなんて主婦がゴロゴロいるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る