“付き合い”よりも“睡眠”重視 若者に1万円の枕が売れている

公開日: 更新日:

 サラリーマンの価値観が変わってきた。先月発表の東京ガス都市生活研究所の「生活定点観測調査」は、その変化を如実に示している。

 それによると、「生活の力点」を「主に仕事に置いている」サラリーマンは、48.2%。東日本大震災があった2011年には58.6%だったが、14年は51.7%、そして今回と2回連続(調査は3年ごと)の低下だ。対して同じく「余暇に置いている」人は、41.3%(11年)→48.4%(14年)→51.9%(17年)と2回連続で増加し、初めて半数を超えたという。

 日曜日まで出勤して、“オレの価値観の中で一番大事なのは仕事――”な~んてスタイルは、もはや尊敬に値しない時代だということか。

 その「余暇」をどう過ごすかについての調査結果も興味深い。「キャンプや森林浴など自然の中でレジャーを楽しむ」派は、02年調査から毎回減っており、6回の調査で45.2%(02年)から、27.5%(17年)まで減少。激減と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る