橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

断捨離できるものと捨ててはいけない価値あるものの境界線

公開日: 更新日:

 かれこれ40年以上も事務所として借りていた恵比寿の建物が老朽化し、移転することにした。書物や資料など、必要な物を梱包し始めている。人から見ればゴミにしか見えない物でも、一つ一つに思い出があり、遠い昔に思いを馳せている。

 30年前まで、近くにヱビスビールの工場があった。麦芽を発酵する匂いが事務所の部屋まで届き、夜遅くに仕事をしていると、ビールを輸送する貨物列車の汽笛が聞こえてきたものだ。その跡地は、華やかな「ガーデンプレイス」となり、外国人も含めた多くの観光客が連日訪れている。

 恵比寿の駅名と地名は、ヱビスビールがあったことから名付けられたものだ。先日、産廃業者に来てもらい、不要物を廃棄したのだが、業者がドアに貼ってある社名プレートを見て、剥がしましょうか? と聞いてきたが、「イヤ、これは自分でやります」と断った。40年以上も世話になった社名プレートは、自分で丁寧に外したかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る