五月病を撃退したいなら「ロボット掃除機」と「食洗機」

公開日:

「五月病」「六月病」の適応障害を発症する季節。リンナイが約5000人にストレスに関する意識調査を行った。

 普段の生活でストレスを「非常に感じている」「やや感じている」と答えた割合は男女共に40代が最も多く、男性40代の77.5%、女性同78.6%がストレスがあると答えている。やはりストレスは仕事や職場の人間関係が影響するようで、それを裏付けるように60代以上の男性のストレス割合は46%にまで減少する。一方、女性の60代はその“ストレスのない夫”がストレスになるのか、64%と高いまままだ。

「調査を監修していただいた蝦名玲子氏(保健学博士)によると、ストレスを感じた初期段階には、一般的な倦怠感や不眠だけでなく、首や肩こり、腰痛といった症状が出ることも分かりました。腰痛などで整形外科に通っても検査では異常が見つからない。実は、心因性の腰痛である場合も多いとのことです」(リンナイ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る