五月病を撃退したいなら「ロボット掃除機」と「食洗機」

公開日: 更新日:

「五月病」「六月病」の適応障害を発症する季節。リンナイが約5000人にストレスに関する意識調査を行った。

 普段の生活でストレスを「非常に感じている」「やや感じている」と答えた割合は男女共に40代が最も多く、男性40代の77.5%、女性同78.6%がストレスがあると答えている。やはりストレスは仕事や職場の人間関係が影響するようで、それを裏付けるように60代以上の男性のストレス割合は46%にまで減少する。一方、女性の60代はその“ストレスのない夫”がストレスになるのか、64%と高いまままだ。

「調査を監修していただいた蝦名玲子氏(保健学博士)によると、ストレスを感じた初期段階には、一般的な倦怠感や不眠だけでなく、首や肩こり、腰痛といった症状が出ることも分かりました。腰痛などで整形外科に通っても検査では異常が見つからない。実は、心因性の腰痛である場合も多いとのことです」(リンナイ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る