五月病を撃退したいなら「ロボット掃除機」と「食洗機」

公開日:

「五月病」「六月病」の適応障害を発症する季節。リンナイが約5000人にストレスに関する意識調査を行った。

 普段の生活でストレスを「非常に感じている」「やや感じている」と答えた割合は男女共に40代が最も多く、男性40代の77.5%、女性同78.6%がストレスがあると答えている。やはりストレスは仕事や職場の人間関係が影響するようで、それを裏付けるように60代以上の男性のストレス割合は46%にまで減少する。一方、女性の60代はその“ストレスのない夫”がストレスになるのか、64%と高いまままだ。

「調査を監修していただいた蝦名玲子氏(保健学博士)によると、ストレスを感じた初期段階には、一般的な倦怠感や不眠だけでなく、首や肩こり、腰痛といった症状が出ることも分かりました。腰痛などで整形外科に通っても検査では異常が見つからない。実は、心因性の腰痛である場合も多いとのことです」(リンナイ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る