山口達也は会見で反感 プロが教える“謝罪”で株上げる方法

公開日: 更新日:

 企業トップや芸能人の謝罪が相次いでいる。米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグのように事なきを得たケースもあれば、「ふざけんな!」と炎上してしまったケースもある。その差は何なのか。元吉本興業の広報マンとして35年間謝罪会見を取り仕切り、退社後に「よい謝罪」(日経BP社)を著した竹中功氏に聞いた。

「謝罪のポイントは大きく分けて、『誰に何を謝るのか』『他人事ではなく自分事』『言い訳はしない』『再発防止策』『落としどころ』の5つ。どれかが抜けても相手は納得しません」

 まず、「誰に何を謝るのか」。例えばゲス不倫疑惑で一時的に仕事を失ったベッキーは、会見で謝りつつも不倫は認めなかったことが災いした。「誰に何を謝っているのか」と関係者やファンをモヤモヤさせたためだ。元TOKIOの山口達也も「戻りたい」と他のメンバーにわびたことが、「今はそれどころじゃない」「甘い」と反感を買ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る