山口達也は会見で反感 プロが教える“謝罪”で株上げる方法

公開日:

 企業トップや芸能人の謝罪が相次いでいる。米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグのように事なきを得たケースもあれば、「ふざけんな!」と炎上してしまったケースもある。その差は何なのか。元吉本興業の広報マンとして35年間謝罪会見を取り仕切り、退社後に「よい謝罪」(日経BP社)を著した竹中功氏に聞いた。

「謝罪のポイントは大きく分けて、『誰に何を謝るのか』『他人事ではなく自分事』『言い訳はしない』『再発防止策』『落としどころ』の5つ。どれかが抜けても相手は納得しません」

 まず、「誰に何を謝るのか」。例えばゲス不倫疑惑で一時的に仕事を失ったベッキーは、会見で謝りつつも不倫は認めなかったことが災いした。「誰に何を謝っているのか」と関係者やファンをモヤモヤさせたためだ。元TOKIOの山口達也も「戻りたい」と他のメンバーにわびたことが、「今はそれどころじゃない」「甘い」と反感を買ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る