山口達也は会見で反感 プロが教える“謝罪”で株上げる方法

公開日:

 企業トップや芸能人の謝罪が相次いでいる。米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグのように事なきを得たケースもあれば、「ふざけんな!」と炎上してしまったケースもある。その差は何なのか。元吉本興業の広報マンとして35年間謝罪会見を取り仕切り、退社後に「よい謝罪」(日経BP社)を著した竹中功氏に聞いた。

「謝罪のポイントは大きく分けて、『誰に何を謝るのか』『他人事ではなく自分事』『言い訳はしない』『再発防止策』『落としどころ』の5つ。どれかが抜けても相手は納得しません」

 まず、「誰に何を謝るのか」。例えばゲス不倫疑惑で一時的に仕事を失ったベッキーは、会見で謝りつつも不倫は認めなかったことが災いした。「誰に何を謝っているのか」と関係者やファンをモヤモヤさせたためだ。元TOKIOの山口達也も「戻りたい」と他のメンバーにわびたことが、「今はそれどころじゃない」「甘い」と反感を買ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る