受精卵のために演奏を…バイオリニストに届いた奇妙な依頼

公開日: 更新日:

 アイルランドの人気ポップスグループ「ザ・コアーズ」のバイオリニスト、シャロン・コアー(48=写真右)は先日、人生で最も奇妙な仕事のオファーを受けた。

 スペイン・バルセロナの「マルケス不妊治療センター」から、「インキュベーターで培養されている数百個の受精卵のために演奏してほしい」と頼まれたのだ。

 冗談ではなく、大真面目なオファー。同センターでは受精卵を24時間、微細な音楽的振動に触れさせており、シャロンへの要請もその一環だ。

 同センターの統計によると、音楽に触れた受精卵は、そうでない受精卵より発達が良く、体外受精の成功率が5%ほど高いという。

 説明に納得したシャロンは23日、地元シンガーソングライターのアレックス・ウバゴ(37=同左)と2人で、受精卵のために演奏を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る