捨て犬に里親を…米13歳少女のマッチングサイトに称賛の声

公開日: 更新日:

 米国で、日本の中学2年生に当たる8年生の少女に称賛の声が上がっている。学校の課題で、動物保護センターに保護されている捨て犬と里親候補をベストマッチさせるサイトを立ち上げ、それが成果を上げつつあるからだ。

 テキサス州オースティンの学校に通うエイデン・ホロウィッツさん(13=写真)が立ち上げた「Dog Do Or Dog Don’t」がそのサイト。

 地元テレビ局KXANが3日付で報じたところによると、エイデンさんは、まず飼い主が飼育を諦めて保護センターに渡してしまう原因を調査した。

「その結果、飼い主がそもそも不適切なタイプの犬を飼い始めたことが原因である場合が半数以上であることが分かったんです」とエイデンさん。

 そこで、里親と捨て犬のタイプをぴったりマッチングさせれば、再び犬が捨てられるのを防ぎ、また、里親も増えるのではないかと考え、サイトを立ち上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る