捨て犬に里親を…米13歳少女のマッチングサイトに称賛の声

公開日:

 米国で、日本の中学2年生に当たる8年生の少女に称賛の声が上がっている。学校の課題で、動物保護センターに保護されている捨て犬と里親候補をベストマッチさせるサイトを立ち上げ、それが成果を上げつつあるからだ。

 テキサス州オースティンの学校に通うエイデン・ホロウィッツさん(13=写真)が立ち上げた「Dog Do Or Dog Don’t」がそのサイト。

 地元テレビ局KXANが3日付で報じたところによると、エイデンさんは、まず飼い主が飼育を諦めて保護センターに渡してしまう原因を調査した。

「その結果、飼い主がそもそも不適切なタイプの犬を飼い始めたことが原因である場合が半数以上であることが分かったんです」とエイデンさん。

 そこで、里親と捨て犬のタイプをぴったりマッチングさせれば、再び犬が捨てられるのを防ぎ、また、里親も増えるのではないかと考え、サイトを立ち上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る