捨て犬に里親を…米13歳少女のマッチングサイトに称賛の声

公開日:

 米国で、日本の中学2年生に当たる8年生の少女に称賛の声が上がっている。学校の課題で、動物保護センターに保護されている捨て犬と里親候補をベストマッチさせるサイトを立ち上げ、それが成果を上げつつあるからだ。

 テキサス州オースティンの学校に通うエイデン・ホロウィッツさん(13=写真)が立ち上げた「Dog Do Or Dog Don’t」がそのサイト。

 地元テレビ局KXANが3日付で報じたところによると、エイデンさんは、まず飼い主が飼育を諦めて保護センターに渡してしまう原因を調査した。

「その結果、飼い主がそもそも不適切なタイプの犬を飼い始めたことが原因である場合が半数以上であることが分かったんです」とエイデンさん。

 そこで、里親と捨て犬のタイプをぴったりマッチングさせれば、再び犬が捨てられるのを防ぎ、また、里親も増えるのではないかと考え、サイトを立ち上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る