危機管理のプロが指摘 日本大学の記者会見はなぜ失敗した

公開日: 更新日:

 読売出身の勝股秀通教授の担当は「企業広報論」。まさしく今回の騒動のど真ん中の学問であり、雇用主である日大の窮地に日頃の知見をいかんなく発揮してもらいたかったものだが、まったく機能しなかった。こういうことを昔の人は、机上の学問……と呼んで忌み嫌ったものだ。

■事前の戦略が8割

 もちろん、広報部職員も、上層部が怖いのか、田んぼのカカシ状態だ。今回の異様な対応をプロの広報コンサルタントはどう見ているのか。「日本リスクマネジャー&コンサルタント協会」の石川慶子理事がこう言う。

「記者会見は事前の戦略が8割で、日大広報部はやるべきことをやっていませんでした。23日の会見は開始1時間前にメディアを呼び出したことでも分かるように、明らかに準備不足。本来ならば、学生選手が会見を行う前のタイミングで会見を開くべきでした。また、開始1時間半を過ぎたころに質疑を打ち切ろうとした司会役の職員も、感情的な打ち切りで報道陣の反発を招いた。危機管理対応を勉強しているとは思えず、メディア対応のプロとは言えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る