73%「怖くて乗れない」自動運転車 日本は主導権握れるか

公開日: 更新日:

 5月23~25日にパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展」は多くの来場者で賑わった。テーマは「社会を、生活を変えてゆく、自動運転技術」。筆者は毎年訪れているが、こんなに人が多いのは記憶にない。

 出展企業も初めて目にするところも少なくなく、自動運転を大きなビジネスチャンスと捉えているようだ。例えば、京セラは自動運転時代を睨んだコンセプトカーを初披露し、自社の技術を積極的にアピールしていた。

 今の自動運転は課題が山積で、事故も後を絶たない。そのため、自動運転車に対して懐疑的な見方をする人が増えている。事実、米自動車協会の調査では、73%の人たちが「怖くて乗れない」と答え、昨年よりも10ポイントも増加しているのだ。

 裏を返せば、その不安を払拭できる自動運転の技術を開発すれば主導権を握れ、会社を大きく発展させることができるわけだ。今回の「人とくるまのテクノロジー展」には、そんな企業や来場者が集まった結果、例年以上の賑わいになったといっていいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る