BMWやベンツは本腰 ドイツ勢は日本メーカーの先を行く?

公開日: 更新日:

 4月11日、BMWはドイツ・ミュンヘン近郊に新たな研究開発センターを開設した。自動運転技術に特化したもので、人工知能(AI)などのITスペシャリストやソフトウエア開発者が約1800人働く。そこでは高度に自動化された走行や完全自動運転を目標に合計80台のテスト車両の試験が日々行われているという。

 自動運転については、ドイツの自動車メーカーも力を入れており、BMWは2月にスペインで開催された世界最大規模の携帯通信関連見本市で、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。同社は現在、自動運転のコネクテッドEVを2021年に市販することを柱とした「iNEXT」計画を掲げており、今回の研究開発センターはこの計画の実現に向けた重要な施設となる。

 メルセデス・ベンツ(ダイムラー)も負けてはいない。「自動運転分野でのリーダーを目指す」と豪語しており、すでにレベル2の機能が搭載されている車種を販売している。その機能は「ドライブパイロット」と呼ばれるもので、前車への追従はもちろん、車間距離・車線の維持、車線変更のアシストなど機能はレベル2の自動運転システムでは、現状の自動車メーカーでトップクラスといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る