日産は自動運転技術の先駆け「プロパイロット」で攻める

公開日: 更新日:

 自動運転に関して、日本の自動車メーカーの中で最も積極的なのが日産自動車と言っていいだろう。なにしろ、2016年8月、他社に先駆けて自動運転技術「プロパイロット」を搭載した「セレナ」を発売し、その後「エクストレイル」「リーフ」と次々に自動運転技術を搭載した車を販売しているからだ。

 18年3月にはディー・エヌ・エーと組んで、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験も横浜市内で約2週間行っている。

 日産が自動運転に力を入れているのには訳がある。日産は自動運転と並んで電気自動車(EV)にも力を入れているが、10年に発売した初代リーフは当初の目標を大きく下回り、日産の国内販売シェアは5位と低迷。そこで、起死回生の切り札として投入したのがプロパイロットだった。

 プロパイロットは高速道路の単一レーンを自動走行するための技術で、それまであった追従式クルーズコントロールと大きな違いはない。運転支援システムの範囲にとどまる技術といっていい。それをあえて日産は“自動運転技術”とアピールしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る