日産は自動運転技術の先駆け「プロパイロット」で攻める

公開日: 更新日:

 自動運転に関して、日本の自動車メーカーの中で最も積極的なのが日産自動車と言っていいだろう。なにしろ、2016年8月、他社に先駆けて自動運転技術「プロパイロット」を搭載した「セレナ」を発売し、その後「エクストレイル」「リーフ」と次々に自動運転技術を搭載した車を販売しているからだ。

 18年3月にはディー・エヌ・エーと組んで、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験も横浜市内で約2週間行っている。

 日産が自動運転に力を入れているのには訳がある。日産は自動運転と並んで電気自動車(EV)にも力を入れているが、10年に発売した初代リーフは当初の目標を大きく下回り、日産の国内販売シェアは5位と低迷。そこで、起死回生の切り札として投入したのがプロパイロットだった。

 プロパイロットは高速道路の単一レーンを自動走行するための技術で、それまであった追従式クルーズコントロールと大きな違いはない。運転支援システムの範囲にとどまる技術といっていい。それをあえて日産は“自動運転技術”とアピールしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る