• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日産は自動運転技術の先駆け「プロパイロット」で攻める

 自動運転に関して、日本の自動車メーカーの中で最も積極的なのが日産自動車と言っていいだろう。なにしろ、2016年8月、他社に先駆けて自動運転技術「プロパイロット」を搭載した「セレナ」を発売し、その後「エクストレイル」「リーフ」と次々に自動運転技術を搭載した車を販売しているからだ。

 18年3月にはディー・エヌ・エーと組んで、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験も横浜市内で約2週間行っている。

 日産が自動運転に力を入れているのには訳がある。日産は自動運転と並んで電気自動車(EV)にも力を入れているが、10年に発売した初代リーフは当初の目標を大きく下回り、日産の国内販売シェアは5位と低迷。そこで、起死回生の切り札として投入したのがプロパイロットだった。

 プロパイロットは高速道路の単一レーンを自動走行するための技術で、それまであった追従式クルーズコントロールと大きな違いはない。運転支援システムの範囲にとどまる技術といっていい。それをあえて日産は“自動運転技術”とアピールしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る