ついに内閣府が実態調査 深刻化する中高年引きこもりの闇

公開日: 更新日:

「引きこもり」の高齢化は深刻だ。

 内閣府の2015年の実態調査では、15~39歳の引きこもりは「約54万1000人」という推計値をはじき出しているが、40歳以上は“闇の中”で、120万人以上とも。内閣府では今年の秋ごろに、中高年世代を対象とした初の実態調査を行うことを決めた。

 家族関係の悩みなどのカウンセリングも行っている男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「40代、50代の引きこもりの息子が『手に負えない』という60代、70代の母親からの相談が増えています。世帯年収は平均より上で、対象は圧倒的に長男が多い。『40代の長男がここ数日、お菓子しか食べていない』とか、『長男が死ぬと言っているから助けてほしい』と言うのです」

 70代の母親からこんな相談があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る