• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに内閣府が実態調査 深刻化する中高年引きこもりの闇

「引きこもり」の高齢化は深刻だ。

 内閣府の2015年の実態調査では、15~39歳の引きこもりは「約54万1000人」という推計値をはじき出しているが、40歳以上は“闇の中”で、120万人以上とも。内閣府では今年の秋ごろに、中高年世代を対象とした初の実態調査を行うことを決めた。

 家族関係の悩みなどのカウンセリングも行っている男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「40代、50代の引きこもりの息子が『手に負えない』という60代、70代の母親からの相談が増えています。世帯年収は平均より上で、対象は圧倒的に長男が多い。『40代の長男がここ数日、お菓子しか食べていない』とか、『長男が死ぬと言っているから助けてほしい』と言うのです」

 70代の母親からこんな相談があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る