天然より美味? 「養殖ウナギ」の2大ブランドを食べ比べ

公開日: 更新日:

「天然以上!」と言う人もいる。養殖ウナギのことだ。中でも頂点に君臨するのが、「うなぎ坂東太郎」と「共水うなぎ」の2つ。どちらも限られた店舗でしか取り扱いがないレアモノだ。どんな味なのか。25日の土用の丑(うし)の日を前に、記者が食べ比べてみた。

■うなぎ坂東太郎

 千葉県銚子市のウナギ卸問屋「忠平」が約25年前に売り出した。開発に10年かかったという。社長の高安道征さんが言う。

「その頃の養殖ウナギがどれもおいしくなくて……。どうすればおいしくなるのか? 研究し始めたのが、ブランド化のキッカケです」

 試行錯誤の末にたどり着いたのがエサだった。通常はブラウンミールと呼ばれるイワシ中心のエサを使用する。これだとすぐに酸化して、品質が落ちるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る